みなさんこんにちは。
静岡県東部を中心に家づくりを行なっている臼幸産業です。

今回登場するのは、前回のスタッフ紹介に引き続き、今年入社した井水大地さん
建築業への想いや将来の夢、語ってもらいました。

――― 臼幸産業に入社しようと思った決め手は?

地元での就職を希望していました。大学ではメディア学を学んでいたので、建築に関する知識はなかったのですが、これだけ長い歴史のある会社は少なく地元の人たちに愛されている証拠だと思いました。
また、人事の方の人柄に惹かれ、入社を希望しました。

実際に働き始めてから、最初の印象は正しかったとわかりました。
「臼幸さん」って、地元の方から声をかけられることもあるんです。

――― 建築のお仕事はどうですか?

職人さんたちのスピードについていくのが大変ですね。新入社員がいるから……なんて関係なく専門用語もたくさん飛び交っていますから。

好きなサッカー選手の言葉に「フットボーラーに近道はない」というのがあります。
良いサッカー選手になるために、楽な道はない。どんなにつらくても、逃げないでひとつひとつやれば、それは全部自分の力になるんだ、と。
この言葉が、今の自分の座右の銘です。

――― 目標を教えてください。

1年以内に1棟目の契約をする!
営業の仕事は、お客さまの要望をいかに引き出すかが大切だと思っています。どんどん知識と経験を積んで、自分が提案したときに「そうそう、そう思ってたんだよ」って言ってもらえるようになりたいですね。
そしていつか、「臼幸の人」だからではなく、ひとりの人間としてお客さまに選ばれる存在になりたいです。

井水大地さん、1棟目の契約ゲット目指してがんばってくださいね。